簡単!通販で医薬品を手に入れる方法教えます。

数ある通販サイトの中でどこがおススメ?

新しい販売ルール

一般用医薬品について、これまで第3類以外はネットでの販売は認められていませんでしたが、平成 25年12月に薬事法が改正され、平成26年6月12日から、新しい販売ルールが適用されるようになりました。
改正薬事法が施工されてから、購入できるものがかなり増えました。これまでは「一般医薬品」のうち「第3類医薬品」だけがネットで買える状態でした。
「医療用医薬品」は、医師の処方箋に基づいて、薬剤師が対面で情報提供して販売する形しか取れず、「第1類医薬品」は薬剤師のみが販売し、その情報提供をする義務があるものであり、「第2類医薬品」は薬剤師と登録販売者が販売するものでした。改正薬事法が施工されてからは第1第2を含む一般医薬品はすべて販売できるようになり、今現在ネット予約が不可なものは現行通り「医療用医薬品」と新たに「要指導医薬品」が追加されました。

要指導医薬品とネット販売可の第3類医薬品

要指導医薬品とは、一般消費者が使用する上でのリスクが確定していない薬)のことです。一般的に薬剤師による口頭での情報提供が義務づけられている薬のことです。
確かにこのレベルになると消費者もネット販売で買おうとはしないものでしょう。対して、以前よりネット販売可である第3類医薬品は、薬剤師と登録販売者が販売できて情報提供の規定がないものです。
規定がないということは販売側も簡単に販売することができますし、消費者側も問題なく手に入れることができます。
世の中の変化とともに、どんどん法律も変わり買い物の仕方も変わってきているのです。この先、医療用医薬品や要指導医薬品がネット販売できる世の中もそう遠くないかもしれません。



ページ
先頭へ